本ブログ「UbuntuというLinux」は移転しました
UbuntuというLinuxの移転先はこちら

2010年10月12日

Ubuntuのダウングレード方法

Ubuntuを10.04から10.10にアップグレードしてみたけど、やっぱり元に戻したいということはよくあります。特に、beta版やRC版にアップグレードした場合は、様々ななトラブルが発生します。もともとこれらのテスト版は、あくまでテストなので、別途パーティションを切るなどしてメインで使っているOSは残しておいた方が良いでしょう。

Ubuntuの場合アップグレードが簡単にできるので、元に戻す(ダウングレード)も簡単にできそうなイメージですが、実はダウングレードという形のサービスは提供していません。つまり、戻したい場合はユーザ自信の手で戻す必要があるのです。

もし誤ってアップグレードしてしまった場合、まずは、以前使っていたバージョンのカーネルで起動して目的を果たせるか試してみましょう。パソコンを起動するとGRUBというブートセレクタが起動するはずです。ブートセレクタとは、起動するOSを選択するもので、デュアルブートを行っていない場合は、さまざまなバージョンのカネールだけが表示されているはずです。

特に気にせず使っている方なら、最も上に表示されているものを選択していると思います。古いカーネルを起動する場合は、バージョンが古いものを選択します。

カーネルのダウングレードでも問題が解決しなかった場合は、再インストールが最も手軽な手段になります。再インストールする場合は最低でもホームディレクトリをバックアップしておきましょう。ホームディレクトリさえ残しておけば、Firefoxなどのアプリケーションのデータを残すことにもなります。

もし、再インストールするためのDVD(CD)を持っていない場合は、この時点でLive USBを作成しておきましょう。

posted by UbuntuというLinux at 18:44 | Ubuntu | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。